Bamboo Desk

Take on Desk

今ある長机に乗せるだけ

 

イベントや展示会などで使われるスチール製の長机。事務的な感じではなく温かな雰囲気を出したいとき、どんな工夫をしますか?
“テーブルクロスをかける”のは一般的ですが、バンブーデスクがあれば、もっとクールに、もっと深みのある演出が可能です。 幅190センチ×奥行き51センチ×高さ10センチの天板は長机の標準サイズにピッタリ。1台あるだけで、イベントやパーティーなど、幅広くご活用いただけます。

竹の凹凸を活かした加工

竹の素材を活かすために、全面を削りとるフラットな加工を避け、部分的な加工に留めています。でこぼことした竹の節を、あえて残しています。是非、竹の感触を味わってください。

シンプル 収納しやすい

バンブーデスクは天板だけ。シンプルな形状なので車への積み込みや運搬もしやすく、イベント会場への持ち込みも楽です。また重ねて収納できるので、収納スペースもほんのわずかですみます。

オプションで前カバーも

長机の足元を飾りたい場合は、オプションで”前カバー”もございます。取り付け簡単な前カバーでよりシックな雰囲気を演出できます。(前カバーのサイズは幅180センチ×高さ60センチ)


京都・乙訓の職人が、京都の竹で製作しています。

京都のものにこだわりたい。そんな思いから、使用する竹も机のデザイナーも製造する職人もすべてが京都発。バンブーデスクには、京都・乙訓への思いがあふれています。

 

京都のデザイン事務所×竹垣専門店

バンブーデスクの製造は、竹垣製品専門店「長岡銘竹株式会社」が手がけています。長岡銘竹代表、三島一郎氏は京都府伝統産業優秀技術者「京の名工」。三島氏のもと竹工芸の技術を磨き、いま注目される若手職人 真下彰宏氏が、新しい製品開発に取り組むなか、当事務所と竹のブランド化で意気投合。そこで、2017年に共同開発したのがバンブーデスクです。
(長岡銘竹▶Instagramはこちら

 
バンブーデスクは、長岡京市「サマーナイトフェスタ2017」の「Bamboo Bar」で初登場。その後12月の長岡京クリスマスイルミネーション、嵯峨嵐山でのマルシェにも設置されました。バンブーデスクは、地元のお祭りやイベントなどで、いまや欠かすことのできない名脇役となっています。

バンブーデスクのお問い合わせは下記まで。
※レンタルも承っております。

「クリエイティブオフィス・ハーズ」 
お問い合わせフォーム

「長岡銘竹株式会社」
お問い合わせフォーム